ついに“コロナ”発見!!

 皆さん、運動不足をどのように解消しておられますか。
 某月某日(月)、不要不急の外出禁止令が出されて厳戒のなか、始発電車に乗った。さすがにガラガラ。

 ラテン系の甲高いお喋りが聞こえないから派遣の人は全滅したと推定できる。この期に及んで朝早く出勤しなくてはならないのはどういう職業の人かな。窓が開けてあるから気持ちがいい。
 伊勢原駅に着いたのは6:17。きょうの最終目的地は三本松の寿雀卵直売所だから、歩いて20分。開店は9:00、2時間以上も前から一番乗りしようという意気込みではない。
 駅の階段をおりて目の前にある1の鳥居を潜って、大山に向かうバス通りを歩く。コロナ休業なのか、まだ始業時刻がきていないためなのか、開いている店はない。東名を潜ると左に2の鳥居があって広場にお茶が植えてある。新芽をちぎって口に入れる、混ぜもののないオチャーッである。
 第2東名のための遺跡発掘現場や関連道路がゴチャゴチャしている間を抜けると道路に少し傾斜がつく。直進すると大山ケーブル・バス停に上がってしまうので、石倉信号で右折する。ここからがわたしにとって初めての道で、旧家の庭先の植木や花が見事である。

 青面金剛石像の写真を撮っていたら、石像の向こうから庭で草むしりしていたご主人の顔がヌッ、「おはようございます」。
 間もなく日向薬師に向かうバス通りに出て、左折する。ここからは日向薬師に向かう通い慣れた道だ。ときおり地元の爺ちゃま・婆ちゃまが、走っているんだか歩いているんだか、わたしもその仲間入り。
ここから山が近づいてくる。

 ここは新緑だけでなく、紅葉のときも見惚れる場所である。
 まもなく日向山が見えてくる。

 右の盛り上がりと、左の高みのあいだにちょこっと頭を出しているのが日向薬師の日向山である。
  8時を過ぎた。いまのぼってきたバス通りをひたすら下る。体重移動はスムーズだ。8時55分寿雀卵直売所に着く。合計で2時間半、15キロぐらいかな、いい運動になった。
 コロナ騒ぎで客足が落ちているかと思いのほか、影響はないようだ。ザッと30人の客が、2メートルずつ間隔を空けて列んでいるから外の歩道まで伸びている。

 コロナよりは人除けに効果があると下馬評の高い「般若心経」マスクは使わないで済みそうだ(2020.04.24「マスクを手作りしました」参照)。
 伊勢原駅の手前にオーケー伊勢原店がある。どうせ手ぶらで出ることになるだろうと高をくくって店内を一巡、酒売り場で目に飛び込んできた文字がある。

“Corona Extra”
 これか!
《コロナビールを製造するメキシコのグルポ・モデロ社は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、コロナビールの生産を一時停止すると発表した。メキシコ政府は、必要不可欠でない産業は活動を延期すべきだと要請しており、同社が従った形だ。》(朝日新聞デジタル>2020年4月4日 16時30分)
  これを呑んでみたい、というよりは、ある種の義侠心で衝動買いしてしまった。

コメント