富士山のまだら豪雨 その2

 

5月4日につづいて20日にも村山古道に入った。こんどは西臼塚駐車場バス停から水ケ塚方向へスカイライン横道を歩いて、標高1350メートル地点から下った。
その手前、二合目林道入り口のすぐ先に「富士市 Fuji City」のプレートがあってその手前に「日沢」と書かれた標識がある。ほんとうの日沢は富士市側に50メートル入ったところにあって、山側の窪みに石垣があって真ん中に土管の穴が開いている。「日沢」と書かれたほうは高鉢駐車場のすぐ東から流れ下っている沢で、一般に通用する名前があるのかどうか分からない(地図参照)。


クルマで走る人には見えないが、スカイラインの谷側を歩いていると異様な林床の光景が目に入ってくる。無名沢手前50メートルから日沢までのあいだ100メートルが瓦礫で埋まっているのである。土石流がスカイラインを越えたのではなく、大量の水が越流したものであろう。前回の記事で中宮八幡堂付近の日沢の底をえぐり取った雨である。

 


村山古道に入ると路面は安定している。熔岩の塊が登山道に散らばっているのは、周辺の高みから転がり落ちてきたものではなく、路面の砂や粘土を雨水が洗い流したあとの残り滓である。歩きやすい登山道にするためには、雨水の勢いを弱め、登山道脇に水流を誘導する“水切り”をこまめに設置するほかない。
ひいてはそれが、登山道を保護することになる。
スカイライン横道から中宮八幡堂までのあいだは、登山道が高みにあって水切りがつくりやすい。周辺から雨水の流れ込みが少ない地形なので、水切りも効果的で、たまった落ち葉を掻き出す程度の掃除で補修は終わる。

 


中宮八幡堂から大淵林道の間はずうっと窪地で水の逃がしようがないので、ダム式の水切りをあと1〜2基造って水勢を弱める以外にないだろう。
今回初めて、大淵林道から村山古道へ、富士山麓山の村から村山古道へと大量の雨水が流れ込んだ形跡が見つかった。これは雨水の通り道のできるだけ上流に堤防のような水切りを造るほかないだろう。

      *          *         *

今回は村山古道で特筆すべき出来事があったことを落とすわけにはいかないだろう。

中宮八幡堂の対岸にある八大龍王・水神祠が日沢の氾濫で流失する危険に晒されていることは前回にも触れたが、この左岸部分についてはなぜか文化財の指定もなく、これまで行政からは何の保護も受けることもなかった。

しかも、勝手に動かしてはいけない!

しかし地元・村山の度重なる要請によってようやく事が動いたのである。

村山古道については、学術調査が行われていないという理由らしいのだが、世界文化遺産の構成要素とは認定されていなかった。富士宮市の当局者によれば、「村山古道は存在しない」のだそうだ。それではユネスコに対して示しがつかないということで静岡県が乗り出すことになり、今年度から学術調査がおこなわれることになった。

先週は火曜日・15日に静岡県と富士市の文化財担当がここに集まり、調査の一環として、とりあえずは保存しておこうということになったのだそうである。

その場に居合わせた村山の人たちがわっさかわっさか、八大龍王と水神祠は、左岸の熔岩流の末端の高台に引っ越してしまったのだそうである。

コメント