きょうは梅雨の走り、オオヤマツミノカミに親しむ

いつ頃から始めたものかわれながらはっきりしないのだが、静岡・山梨両県に残っている新聞を全ページめくって、富士山関係の記事をぜんぶ拾ってみようと思うようになった。

両県内に通うのは青春18きっぷが利用できる期間に集中して、それ以外の時季に晴耕雨読、まさにきょうのような日にコピー整理をすることにしている。

きょう引っ張り出したのは『静岡民友新聞』の明治35年11月〜36年2月のコピー。

 

 

この紙面は明治35年12月21日付2面の下ほうである。

お分かりのようにこの時代、べた記事には見出し活字が使ってないので、◎の下の文章をいちいち読まなければ記事が拾えない。

しかもコピーは新聞1面がA3に縮小してあるから、見出し部分は頑張って読むけれど、本文を読むときには141%拡大コピーをかけないと、眼がストライキを起こす。

きょうは午前10時から始めて午後7時まで、見出し60項目を拾い、本文3本をテキスト化した。

以下にその結果の一部をご覧に入れよう。

「 」内が見出し、日付の後ろの〔 〕は検索用のキーワード、《 》内がテキスト化した文章である。

 

『静岡民友新聞 Vol.35 明治35年11月〜明治35年12月』
「◎富士川の難破船」明治35年11月1日〔富士川水運〕
「◎演習一般方略」明治35年11月1日〔軍事演習〕
「◎第三師団機動演習」明治35年11月2日〔軍事演習〕
「◎大宮町の混乱」明治35年11月4日      ←拾い漏れ
「◎取消」明治35年11月9日〔11月4日付「大宮町の混乱」の取り消し広告←拾い漏れ〕
「◎大宮町々長助役の決定」明治35年11月11日
「◎小学校運動会」明治35年11月12日〔北山尋常高等小学校〕
「◎富岡村政紊乱(六)」明治35年11月12日
「◎富士郡大宮だより」明治35年11月18日〔福地神社〕
「◎上井出小学校の改築」明治35年11月28日〔上井出尋常小学校〕
「◎本門寺五重の塔の大修繕」明治35年12月日〔北山本門寺〕
「◎大宮町有給助役」明治35年12月9日
「◎富士郡農林学校」明治35年12月10日
「◎富士四本山会議」明治35年12月14日〔久遠寺〕〔妙蓮寺〕〔西山本門寺〕〔北山本門寺〕
「◎社寺上地下戻」明治35年12月17日〔御料林〕〔上げ地下げ戻し〕
「◎昨今の富士」明治35年12月17日〔富士山眺望〕
「◎富士の扁額」明治35年12月18日〔富士山博覧会〕
「◎富士郡北部教員会役員」明治35年12月19日  〔佐野万太郎〕〔山口信義〕〔若林重作〕〔大柴亀太郎〕
「◎富士川船の運賃下落す」明治35年12月19日〔富士川水運〕〔中央線〕→テキスト化済み
《◎富士川船の運賃下落す  中央線の大月迄開通したるに付き富士川船の貨物は頓に減少し殆ど以前の半額だにも達せさる程なるか之れさへも賃金の余程低廉ならずは廻送するものなきより自然下落して目下一船三百貫の運賃は五円八十銭なりと》(『静岡民友新聞』明治35年12月19日付)
「◎富士郡の善行家(一)」明治35年12月20日〔白糸村〕〔村松治作〕
「◎富士馬車鉄」明治35年12月21日〔富士馬車鉄道〕→テキスト化済み
《富士馬車鉄  富士馬車鉄道株式会社客車の数は都合拾七台にして毎日十余回大宮鈴川間を往復し其乗客賃は一区弐銭拾区弐拾銭又其収益は六七八月頃富士参詣者の最も多き頃収入あり現今短日にて回転数も一回を減したるが毎日の収入高は約一日平均五拾円一ケ月壱千五百円ありと云ふ》(『静岡民友新聞』明治35年12月21日付)
「◎富士郡の善行家(二)」明治35年12月23日〔原田村〕〔仁藤嘉平〕

 

大山積みの紙との付き合いはこれからも延々と続くのである。